賃貸借契約の際に必要になる書類にはどのようなものがあるでしょうか。また賃貸トラブルを防ぐには。

賃貸借契約に必要な書類とは。
賃貸借契約に必要な書類とは。

賃貸借契約に必要な書類とは。

賃貸物件を借りる際には、借り主と貸し主との間で賃貸借契約を締結します。多くは仲介不動産会社で契約が行われ、貸し主と借り主、仲介不動産業者が立ち会います。場合により、連帯保証人が立ち会いを求められる場合もあります。署名、押印によってこの契約が締結された後、敷金、礼金、損害保険料、仲介手数料などを支払って、物件の鍵を受け取る事ができます。

賃貸借契約の際に必要となる書類は、貸し主によって多少異なりますが、収入を証明する書類、印鑑証明書、住民票があります。場合により、連帯保証人承諾書が必要になります。自営業の場合は、収入を証明する書類として、納税証明書などがあります。給与所得者の場合は、年末に交付される源泉徴収票が良いでしょう。

退去の際に、借り主と貸し主との間で原状回復に関してトラブルになる事例が多くなって来ています。これを防ぐためには、引っ越し前に部屋をくまなくチェックし、破損や汚れがあれば細かに報告しておく必要があります。家具を運び込んでしまうと、床や壁の一部が家具で隠れて見えなくなる場合があり、その隠れている箇所をめぐって後にトラブルになる場合があります。また、入居後は速やかに、住宅設備が全て問題なく稼働するかどうかを調べておきましょう。